■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

本社と別れ。
いやはや。
1年ぶりの、本社出社。
本当に久しぶり。
妙な緊張感が。
朝の通勤ラッシュなんて、本当久しぶりだもの。
8時半くらいにオフィスについた。
誰もいねぇ。
ってか、今部署にどこの誰がいるのか、さっぱりわからん。

しばらくしたら部長が来た。
んで、札幌で一緒の同期も来た。
とりあえず、人の席に座っとく。
だって席ないし。
んで、新人さんも着た。
研修が午後からなんで、それまでヒマ。
ってことで新人さんに軽く札幌の話をする。
でもさぁ、何話せばいいんだろね?

と、いきなり本部長補佐に呼ばれる。
今日はウチのプロジェクトのプロジェクトレビューがあるのだが、その前段階で本部長に報告書をレビューしてもらう。
それに同席させられた。
パフォーマンステストなんかは、自分もやってたんでしゃべらされる。
準備してないっつうの。
11時半くらいに終わったんだが、早速本部長補佐に昼飯連れてかれる。
あー。
偶の本社なのに…。
が、とっても衝撃的なことを聞かされた。
ふええ。
まじで!まじで!?

午後は研修。
ひっさしぶりに会う人いっぱい。
わー一年ぶりだねーほんと。
それにしても、こんなにも会わないなんてね。
恐ろしい会社だ、ある意味。

研修、眠かった。
覚えてねぇ。

定時きっかりで終了。
借りてたCDを返してたり、新人さんとしゃべったり。
そしたらお呼ばれした。
青年海外協力隊で休職し、フィジーに行く同期が、いよいよ日本を立つということで、お別れ会。
なんかしょっちゅうやってるよーな。
まぁいいんです。
人気者ですから。
ヒマなので、先発隊に。
あ。女の子しかいねぇ。
同期4人と俺一人。
おっと。
軽くハーレム?ってことにしておこう。
でも行き先は牛角なんだけど。

浜松町で休職中の同期と合流。
相変わらず、豪快でした。元気そう。
なんてかね、元気でいいね彼女は。
で、まだ予約した時間には早かったんだが、牛角にはいっちゃう。
女の子しかいなかったんだが、ガンガン食っちゃう。
早っ。
みんな早いよ。
と、二人きた。また女の子二人。
おお、7対1。
ぷちはーれむ。
まぁ放置されてるから問題ない。
なんか、改めて、同期って同期って言うより友達感覚なんだなーと思った。
フィジーに行ったら、やっぱしばらく帰らないらしい。
大変そうだなぁ。楽しそうだけど。
部署の同期もここぞとばかりにストレス発散してた。
まぁ、うん。
つらいよねぇ。
俺もはよ帰りたいっての。

ぞくぞくと人が増える。
男も増える。
一人、同期が結婚報告。
おお、ついに、ついにか。
特に驚くって感じでもなく、みんな祝福。
みんな知ってるからな。おめでとう、ほんと。
同期一号。

ラストオーダーになって怒涛の来店。
みんな仕事忙しいよね。
それにしても、これだけの人数集まるってすごいね。
最近じゃなかなか無い。

続いて二次会。
ほとんど残る。
二次会でも、次々と同期が来る。
おー。
なんか、今日だけで30人くらい同期に会ったんじゃないか?
これだけ人が集まるんだから、人徳だよね。
いいねー。

仲間ってすばらしい。



-------------------------------------------------------------------------------------
天気予報の恋人 / CHAGE&ASKA



君の愛は信じてる 天気予報くらいにね
“またね”と手をふる君 ミラーで見送る僕

愛しすぎて勝てないよ 心が夕焼けてゆく
何も見えなくなって 君の思い通り

綺麗な人だねと言われる度 不安だよ
みんなさらった はずなのに

誰のための 君だろうと想う ひとりじめ出来ても
どんな風に 君を閉じ込めても 伝えたい言葉は
一つの繰り返し

いつも片手でハンドル 君の手のひらサンドイッチ
つながる温かみだけは 忘れずにいたいよ

あやとりの危なさで 君を惑わせてみたい
いつか指のタクトで踊らせてみようか

クールな恋は できそうにないよ 首ったけ
少しの気がかりの色で
誰のための 君だろうと想う
ひとりじめ出来ても

目隠しでも 君のキスはわかる
不思議なほど風を 感じてしまう恋

みんなさらったはずなのに

誰のための 君だろうと想う ひとりじめ出来ても
どんな風に 君を閉じ込めても 伝えたい言葉は
一つの繰り返し

ひとつの繰り返し




-------------------------------------------------------------------------------------



| 日記 | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑