■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

強制帰宅。
やべ、ボロボロ。
朝からどう考えても体調悪い。
頭が痛かったりしないので、どうしようもない感じではないけれど。
喉が痛く、熱がある。
あー。

でも出社。
仕事いっぱいなのです。
がんばって働く。
あー何やってんだろう。
熱が無いのでがんばれるが、がんばりすぎだよなぁ、と自分でも思う。

本当は今日、開発チームの飲み会があったんだけど。
キャンセル。
っていうかありえない。
無理ですほんとに。
でも、残業する。
あーー。。。。
さすがに、先輩に強制帰宅を命ぜられる。
そりゃそうだな。
ふー。

最近自分で料理をちこっとするようになり。
適当に買ってくる。
肉食うの久しぶりー。
フライパンてステキ。鍋ってステキ。

ちゃんと寝なきゃね。

ジャンプを読む。
ワンピースがどんどん面白くなくなっていく...
不安だ。
でも扉絵シリーズが始まったので良しとする。
んー。
やっぱり、マンガって魅力的なキャラクターとストーリーがあってこそだと思う。
それは例え4コマでも、長編でも言える事で。
作者の意図かどうかはともかく、やや編集の意見に押し流されてないか。
ジャンプという雑誌の、いい所であり悪いところ。
息が合ってないと、何かテンポが悪い。
キャラの魅力だけで描き続けているワンピースは、だらだら感のあったドラゴンボールの末期を思い起こさす。
いや、確かに面白いことは面白いんだけれど。
アレだけ熱い、カッコイイ、涙できる内容が書けるのに、なぁ...

自己中に嵌りがちな、同人が嫌いなのはその点に尽きる。
都合のいい事ばかり描いてるのは、あまりに勿体無い。
理由無き現実逃避は、何か違う。
キャラを借りようが設定を借りようが、ちゃんと作品を書ききっているのならばともかく。

かつて、封神演義という作品の中で、作者の藤崎竜は重要な登場人物たちを、たった一週で皆殺してしまった。
封神演義は元々中国の古典が原作だ。
原作の中でそんなシーンはないし、そもそも結末も全く違う。
そんな残酷なシーンを演出する必要はなかったはず。
しかし、原作に基づきつつオリジナリティの強いストーリ構成と画力で、原作以上の作品にしたと思う。
そこは安易に原作に妥協しなかった藤崎竜と、担当の嶋氏の息があった結果なんだろうと思う。

今のワンピースが全然面白くない、とは言わない。
ワンピースじゃなかったら結構面白いかもしれない。
でもま、ヒルルクの桜、とか、海上レストランを、鼻水たらしながら描ききった尾田栄一郎と比較すると、なんか、なー。



早く次ぎいかねーかな。



------------------------------------------------------------------
sailing day / BUMP OF CHICKEN



目を閉じたその中に 見えた
微かな眩しさを
掴み取ろうとした 愚かなドリーマー

伸ばした手は 閉じた目に
写らなくて 途方に暮れる
射程距離から 随分遠く 滲む

どうにかまだ 僕は僕を 辞めないで 生きている
たった一度 笑えるなら 何度でも 泣いたっていいや

精一杯 運命に抵抗
正解・不正解の判断 自分だけに許された権利

sailing day 舵を取れ
夜明けを待たないで 帆を張った 愚かなドリーマー

数えたら キリが無い程の 危険や不安でさえも
愛して迎え撃った 呆れたビリーヴァー

目を開いたその先に 見える
確かな眩しさが
空になったハートに 理由を注ぐ

そうしてまた 僕は僕の 背中を押していく
たった一つ 掴む為に 幾つでも 失うんだ

精一杯 存在の証明
過ちも 間違いも 自分だけに価値のある財宝

sailing day 舵を取れ
哀しみも 絶望も 拾っていく 呆れたビリーヴァー

誰もが皆 それぞれの船を出す
それぞれの見た 眩しさが 灯台なんだ

そうだよ まだ 僕は僕の 魂を持ってる
たった一秒 生きる為に
いつだって 命懸け 当たり前だ

精一杯 存在の証明
敗北も 後悔も 自分だけに意味のある財宝

sailing day 舵を取れ
冒険の日々全て 拾っていく 呆れたビリーヴァー

精一杯 運命に抵抗
決して消えはしない 僕だけを照らし出す灯台

sailing day 舵を取れ
嵐の中 嬉しそうに 帆を張った 愚かなドリーマー

誰もがビリーヴァー

永遠のドリーマー



------------------------------------------------------------------




| 日記 | 12:00 AM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑