■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

思うこと。
北海道か、と思うと、急に「最終兵器彼女」を読みたくなった。
レビューでも書いているが、「いいひと」という作品で知られるマンガ家高橋しんの作品である。
連載当時から読んでいたけれど、強烈な作品だった。

作品名が作品名だから、イロモノと間違われがちだけれど、内容はとにかく悲しい恋の物語。
徹底した世界観で、じわじわとくるものがある。

相当、心理的にも引き摺られる作品なので、ある意味危険なのだが。
アレを読むと、本当に自分の情けなさとか、愚かさとか、罪の重さを自覚する。
後悔ばかり。

でも直視しなきゃいけないんだとは思う。
直視せず、最後まで読まなかった人もいるけれど。
現実から離れるほど、こうゆう非現実的な物語から現実を教えられる。



わがままであることは悪いことじゃないと思う。
でも人の気持ちを慮ってこそ、なのは当然だ。
ちょっとしたことで、それができない。
やっぱり、理解でなく理解しようと言う気持ちなんだろう。
所詮、それがわからなければ何にもならない。

| 日記 | 12:00 AM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑