■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

BUMP OF CHICKEN 2006 TOUR "run rabbit run"@幕張メッセ二日目。
昼間は近くのカフェ行ったりしてだらだらする。
ゆっくりすることを怠ってるからなぁ、最近。
良くない。
今日は、バンプ。
ライブ連ちゃんです。

幕張メッセのBUMP OF CHICKENのワンマン、二日目。
一昨年も幕張メッセだった。
幕張好きなのか、彼らは。
千葉県民の意地か?
ところで、最近のBUMP OF CHICKENは個人的にライブがよろしくない。
イマイチ消化不良が多い。
当たり所が悪いんかどーかわからんが、今日は期待したい。
前方のブロックだし。

幕張まで車で。
もう慣れたもんだ。
グッズを買うか迷う。
うーむ。ウサギの絵柄は好きくない…。
どうしよう。
パーカーほしいかな、とも思ったのだが、
こないだ買ったくるりのパーカーが最近お気に入りなんで、
買うのやめる。

さて、ライブ。
つい最近、YOUR SONG IS GOODのタナカレイジのドラムを、
間近で見てしまったせいか、枡くんの頼りなさがきっつい。
うーむ。
うーーむ。
BUMP OF CHICKEN自体演奏が上手くないのは結構当たり前な話なんだけど、
先週の今日だからなぁ。
目立つわ。
別に枡くんに限ったことではなく、
増川くんやチャマにしても、藤原くんもそー思ってしまうんだけども。
毎度思うことだが、やっぱりBUMP OF CHICKENってバンドは藤原くんの才能がスゴイ。
よく言えば未だ成長過程のバンド。
悪く言えば藤原くんの作詞作曲で持ってるバンド。
改めて思ってしまった。
あぁ、なんかやっぱりCDで聴くアーティストなのかねぇ。
ま、しょーがない。
きっともっと上手くなる。

しかーし、やっぱ毎度の事ながらセットリストの並べ方なんとかならないかなぁ。
初っ端飛ばして中休み、最後猛ダッシュ、そこ相変わらず。
そんなバラードをまとめると眠くなっちゃうよ。
1曲1曲、素晴らしいのにね。
勿体無い。

とりあえず、「K」や「アルエ」が聴けたのはうれしい。
「メロディーフラッグ」なんか凄く良かったし、「スノースマイル」も良かった。
「DANNY」は反則としても、「ガラスのブルース」で締めるのはイイ。
あぁ、「車輪の唄」や「sailing day」、「グングニル」「とっておきの唄」「ベンチとコーヒー」
「リトルブレイバー」まぁそのあたりもやってほしかったね。
いやそんな時間無いか。

トータルとして、まぁまぁな感じだろーか。
やっぱまだZeppクラスでやるべき?
若干消化不良。
次見るのは恐らくどっかのフェスだろうけど、期待しよう。


BUMP OF CHICKEN 2006 TOUR "run rabbit run"@幕張メッセ二日目 2006.1.29

セットリスト
01.カルマ
02.Stage of the ground
03.アルエ
04.プラネタリウム
05.リリィ
06.メロディーフラッグ
07.ギルド
08.太陽
09.embrace
10.銀河鉄道
11.天体観測
12.ダイヤモンド
13.K
14.fire sign
15.supernova
16.オンリー ロンリー グローリー

アンコール
17.スノースマイル
18.DANNY

19.ガラスのブルース

-------------------------------------------------------------------------------------
Stage of the ground / BUMP OF CHICKEN

飛ぼうとしたって 羽根なんか 無いって
知ってしまった 夏の日
古い夢を一つ 犠牲にして
大地に立っているって 気付いた日

未来永劫に 届きはしない
あの月も あの星も
届かない場所にあるから
自分の位置が よく解る

飛べない君は 歩いていこう
絶望と出会えたら 手をつなごう
哀しい夜を越えて 笑おうとするなら
唄ってやるよ ルララ

迷いながら 間違いながら
歩いていく その姿が正しいんだ
君が立つ地面は ホラ
360度 全て 道なんだ

Stage of the ground

孤独の果てに 立ち止まる時は
水筒のフタを 開ければ
出会いと別れを重ねた
自分の顔が ちゃんと写る

すれ違う 誰かが 落としていった
涙を数える その度に
「優しくなりたい」と願う
君は 誰よりも
優しい人 ルララ

その足に 託された
幾つもの祈りのカケラ達と
叫んでやれ 絞った声で
ここまで来たんだよって 胸張って

Stage of the ground

躓いた小石を 集めて歩けたら
君の眼は必ず 再び光るだろう

那由多に広がる宇宙 その中心は小さな君

君をかばって 散った夢は
夜空の応援席で 見てる
強さを求められる君が 弱くても
唄ってくれるよ ルララ

あの月も あの星も
全て君の為の 舞台照明
叫んでやれ 絞った声で
そこに君が居るって事

迷った日も 間違った日も
ライトは君を照らしていたんだ
君が立つ 地面は ホラ
365日いつだって

Stage of the ground

-------------------------------------------------------------------------------------

| ライブ | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑